「せんのはなし」山本仁

 さちが丘というネーミングの良さに好感を持ち、ここに移り住んでいる人も大勢いらっしゃると思います。これからお話しする線と共に発展したさちが丘に住み、二俣川で仕事をしてきた私が見聞したことを書いてみます。
 
   一、相模鉄道横浜~海老名線
  
 さちが丘には四つの線が通っていて、それらは毎日の便利で文化的な生活に関わっています。一つ目の線は、相模鉄道横浜~海老名線です。さちが丘西部自治会の北側を川沿いに通っています。「大正15年(一九二六年)神中鉄道が厚木~二俣川間で営業開始した。昭和8年(一九三三年)神中鉄道厚木=横浜間が開通した。」(「」は旭区の歩み参照)
尚、神中線の由来は、神奈川県の地図を見るとお分かりかと思いますが、神奈川県のほぼ中央を東から西へと通っているからだそうです。
 前記の厚木は現在のJR相模線の厚木駅で、私が二俣川小学校の頃(昭和24年)相模川へ遠足で川遊びに行ったときに乗り降りした駅で、現在でも相鉄の車両が停車しているのを見かけます。その時の乗った線は今でも利用され、かしわ台~厚木の間には、当時は国分(こくぶ)と言う駅もあったそうで、今も面影が残っています。一世をふうびした東京夫婦漫才コンビの「地下鉄はどこから入れたのでしょう」ではありませんが、新車両等はこの線を利用しているようです。以前は、西横浜駅からJRと連絡されていたそうです。相鉄に四十数年勤務した友人に聞いた話です。
 今は大手私鉄の仲間入りをして沿線の発展に貢献してきた相模鉄道も、私が鶴中へ通学していたころは、朝夕のラッシュ時を除き昼間の本数は少なく、一~二輌の時もあり、手動ドアでした。今は沿線住民の便利で大切な足となっています。又、武蔵と相模の国境(くにざかい)にかかっている厚木街道の三ツ境橋は、神中線が二俣川~三ツ境駅近くで線路が急こう配の為、山を削って深い谷をつくり、勾配を緩くして、戦時中の木炭車でも登れるようになったそうです。今のような建設機械の無かった当時としては、一大土木工事だったと思います。
 (希望が丘駅は昭和23年頃にできました)
 昔の線路は希望が丘駅沿い南側にある三ツ境へ抜ける道が、国境の近くは急こう配で登れず、客が降りて押したという、今では嘘のような本当の話を聞いたことがあります。
 今話題になっている東京スカイツリーの高さは武蔵(むさし)にちなんで六三四米です。
 武蔵の国は、明治維新までは、町田市鶴川方面から三ツ境・南万騎が原・東戸塚駅の東より・境木町・金沢八景西寄りの朝比奈峠方面に続いている尾根を分水嶺にして、その東側だったそうです。分水嶺の西側は相模の国となっていたそうです。開発で地形が大きく変わったところもありますが、降った雨水は、今も相模湾と東京湾に分かれて注いでいます。大きな武蔵の国の最も西寄りに近いところが、私たちの住んでいるさちが丘や中希望が丘です。
 
   二、新幹線
  
 日本が有史以来の敗戦で全国の主な都市が無残な焼け野が原となってしまった事は、私くらいの年代や少し下の人でもかすかな記憶があると思います、そんな焦土の中から奇跡の復興と言われた象徴が新幹線と東京オリンピックです。
 日本中の人たちが企業戦士として懸命に働き、日本を世界第二位の経済大国にしました。(最近中国に抜かれましたが)
 現在のように夫婦共働きの習慣もなく、旦那さんの勤めを陰で支えていた奥様方の内助の功も大きく、家族が一つになっていたことも驚異の成長を遂げた一因だと思います。先輩方と共に励んだ努力が我々世代の誇りです。
 私の小さい頃の思い出の中に、祖父から大事なものだと注意されていた杭(くい)があります。これは大事な杭なので、いたずらしてはダメだとよく言われました。家の廊下前の庭に10㎝角くらいの赤く塗った角杭を守るため、60㎝四方を囲んであり近寄れないようにしてありました。その杭は戦前の測量で、弾丸列車(今の新幹線)が通る「心杭」でした。
 それは、西は西部自治会メーン道路沿い、東は二俣川駅北口に向かっていました。東京駅から大阪へのルート上にあったのです。
 オリンピックの開催(昭和39年)に向けて、急ピッチで工事が始まりました。戦前の測量より400mくらい南に寄り、現在のさちが丘東部自治会の南側を通っています。丹那トンネルは戦前から掘り始めていたのですが、工事途中で敗戦になり、中止となってしまったようです。丹那トンネルと東京駅は決まっていて、急カーブや地盤、人家への影響などを考慮して現在のルートに変えられたのでしょうか。新幹線が戦前の測量杭通りですと、我が家を始め多くの家が移転になったり、家のすぐ近くを新幹線が走り、現在のような静かな環境の西部自治会は望めず、一瞬の間に走り去る騒音になれるまでは、かなりの時間と妥協が必要だったでしょう。
 最近二俣川駅南口が市道鴨居~上飯田線の拡幅整備に伴い、副都市計画が進んでいます。現在のグリーングリーンを解体して、5年くらいの間に見違えるような街になることを考えると、現在のルートで良かったと素人ながら思っています。
 新幹線も函館から鹿児島までつながり、通勤や出張・旅行にと大いに利用され、いつまでも安全運行を続けてほしいと思います。
 
   三、いずみの線
 
 三つ目はいずみの線です。二俣川駅から小田急江ノ島線の湘南台駅~JR平塚駅までの予定で、新線の説明会があったのが昭和44年ころでした。南万騎が原や緑園都市に一大住宅地を造り、昭和51年には二俣川~いずみ野までが開通しました。その後、いずみ中央まで、ゆめが丘~湘南台駅で小田急線と接続しました。陸の孤島と言われていた地区も、とても便利になり、宅造開発が進んで、戸建てや高層マンションが建ちました。乗降客も多く、活気がみなぎるモダンな街並みとなりました。
 今では急行や快速電車も走行され、将来、西谷からはJR線に乗り入れるようになります。新宿へ行くルートは5年後にできる予定です。東横線の日吉へとつながるルートは渋谷へと9年後に計画されています。都心への乗り入れが一本でつながり、益々便利な線になるようです。
 昔(昭和30年代)に戸塚区岡津町須郷谷戸(すごうやと)(現在は泉区緑園都市7丁目)へ仕事に行っていましたが、歩くと15分くらいでした。南に開けたすりばちの底のような地形で、戸数は8戸足らずでした。道具を持っていく時は自転車に2~3人分を付けて急な山道を下ります。帰りは、空の自転車を押し上げて、山の上へ出るまでが大変でした。この登りきったところが武相(ぶそう)の境でした。
 当時、ここへ車で来るには二ツ橋~戸塚の県道から曲がりくねった田んぼ道を約3キロほど行きました。そこにあるのが須郷谷戸で、現在は緑園都市の一番北寄り南万騎が原に近く、昔、仕事に行った家も以前より22mのぼったところが現在の敷地だそうです。
 不便だった所が、大規模宅地開発により、大学も出来て見違えるようなニュータウンとなりました。
 
   四、?せん
   
 四つ目の線は何のせんでしょう?この線がさちが丘では一番古いかも知れません。現代人は寝ても起きても、お世話になっています。家にはありませんという家庭はないと思います。便利な社会を支えている重要な線です。日本人宇宙飛行士の野口さんが、スペースシャトルから見て、日本の上空が一番明るかったそうです。必要なもの以外はもっと落としてもよいのではないでしょうか。この夏の暑さと電力不足が心配されていますが、ちょっとした節電が日本を救うことになるでしょう。将来、東日本大震災の年の節電が、復旧、復興を早めた一因となれば良いと思います。
 四つ目の線は高い空に東から西に貼ってある高圧送電線です。
昭和20年代から50年代の私の記憶にあることを書いてみました。

二俣川駅前の再開発工事も順調に進んでいるようです。私達も興味深く解体工事からの新築工事を眺めてきました。29階建てのタワーマンションも、他のビルよりもはるかにそびえ立っています。来年の完成が待ち遠しいのは、関係者も地域住民も一緒です。
都市へのアクセスも便利になるようで、西谷からの新線に乗って東京オリンピックを見に行きたいのが一番の夢です。そしてこれからも、相鉄線は多くの乗客の安心安全を目的地まで乗せて、永遠に走り続ける事でしょう。

著者

山本仁